番長の6の機械割は低かった



113%でドル箱を勝ち盛る光景は想像できないと思います。 現在の5号機では出来ない出玉は何が違うかというと、コイン単価というものが異なってました。 5号機で機械割113%だと1箱積めるかどうかです。 つまりは、これが4号機だと3箱はいく計算になります。 コイン単価が高いというのは、はまりが大きい、もしくは通常中の小役が少ないことで負けるスピードも条件としては速くなります。 警察が規制したのは機械割でなく、コイン単価と超絶な早いスピードなのです。 今の5号機と番長の内部スペックはそれほど大きな違いはありませんでした。
TOP


機械割を感じることは不可能です


定期イベントなどで投入された6段階の設定を推測するのに統計的な台による数字から考えます。 運営はホールの店長でも正確には読むことはできませんでした。 参照にする数字というのはあくまで平均値でしかなく、一過性の連荘に出玉増を目で見てしまうといけません。 慣れていないとコントロールも狂ってしまいますが、これは特に番長の大型のホールの定期イベントです。 逆にこういった設定の発表を夜中の閉店時にしてたのです。 結局これは驚くほどの多くのお客様は驚いた様子をここでは見せてました。 設定1でも出るときはシチュエーションとしては驚異の1万枚もの量を放出してしまうのです。 ネットでもこれは話題のレアなストック機なのです。 大き目の規模のホールとしては利益を捻出する事の卓越した潜在能力を持つ貴重な価値のあるような打ちたい機種だったようです。
連荘
徳川吉宗