徳川吉宗の風貌と略歴



暴れん坊将軍は有名ですがそれが徳川吉宗であることをご存知でない方は少なくないのではないでしょうか。 家康の曾孫になる三貞の四男であるこの男は一体何をしたのでしょうか。 まず享保の改革が有名なのではないでしょうか。 これは、遡ると江戸時代中期に行われた幕政改革の一つで、寛政の改革、これは天保の改革と共に三大改革の一つと呼ばれています。 安定した財政を目指すもので目安箱として庶民の意見を直接、ここでダイレクトに庶民に訴えかける事ができるのです。 このように誰もが意見ができる箱の設置が有名ですが、それは八代将軍である徳川吉宗は体格が非常に大きく(当時では珍しい180センチ以上)武道がかなり得意だった事やその豪快さが実写化しても幅広い層に支持され人気でした。 町火消しを作ったり、貧しい層に対しての医療制度である小石川養生所など庶民の味方であるというような印象が一般的には強いのです。 また、これは伝統の鷹狩りを復活させたりするなどです。 これは時代劇にはもってこいと言えるようなものです。 旬のトピックを常時抱えて多く持っているのが徳川吉宗の最大の特徴なのではないでしょうか。
TOP


八代将軍として数々の政策を果たした偉大な人物



徳川家八代目将軍の徳川吉宗は現代人にも暴れん坊将軍として知名度が高いのではないでしょうか。 それ以外にも時代劇として取り扱われる事が多く、大奥や大岡越前、水戸黄門や男は度胸でもこの時代が背景となっています。 武芸を奨励し体が非常に大きく強かった事から壮大な破天荒さを誇張され時代劇となっています。 その政策や信条は計算されたものでしたが、それは特に米将軍と呼ばれた徳川吉宗は江戸時代の税制である米の価格を新田開発や定免制、上米の制などを実施しコントロールしました。 また像をアジアのベトナムから輸入したり、男を好んだという噂や、本当は美女ではなく今でいう不細工をこんだという説など、これは様々な憶測の情報が流れています。 公事方御定書や江戸の町火消し、小石川養生所などを作るなど庶民の一般人の味方であるように見えるような内容の制度を作った事もあります。 こうして暴れん坊将軍のストーリーを作りやすい一つの理由かもしれません。 もちろん、歴史的にも徳川吉宗の策は全てが成功したわけではなく、こうして百姓一揆を巻き起こす原因ともなっています。 徳川家の八代将軍が行った事は全てが正しかったわけではないのです。 これは歴史的にも当然のことですが結果的には数えきれないほどの失敗もかなり多くあったのです。
連荘
機械割